This page looks best with JavaScript enabled

「スペース分割60%日本語配列キーボード」 JP60SS の良さを語る

 ·   ·  ☕ 6 min read  ·  🐶 odanny · 👀... views

完成したもの

done

たぶんこれが(ぼくにとって)最高のキーボードだと思います。

※この記事は、このキーボードの良さを一方的に語ります。

※商品ページはこれ。写真がおしゃれ!
分割スペース対応日本語配列60%キーボード「JP60SS」スイッチ付き - 天高工房 - BOOTH

出品者の方のページはこちら:天高工房 - BOOTH

2021/06/14追記:天高工房様からいただいたフィードバックを反映させました。一部説明を加筆・修正しました。


JP60SSのおすすめポイント4つ

1.3Dプリンタのケースが超おしゃれ

こんなオシャレなキーボードを僕は体験したことがない!このキーボードを抱えてお出かけしたい!

(購入時に天高公房さんにお願いすると二色にできる)。

追記:なんと「60%トレイマウント」の方式のケースであれば、カスタマイズ可能なようです。ケース自由度が高い日本語キーボード基板は他になさそうらしいです! 1


2.60%でノートパソコンに乗せて使える

ノートパソコンの上にメカニカルキーボードのせてカタカタすると、ギークっぽくて最高にクール!


3.一般的な日本語配列に近いキー配置で違和感がない

業務で別のキーボードを触らないといけないがあるので、一般的なキーボードにもスムーズに移行できるのはありがたい。使い始めて数時間で手になじむ配列だった。

またキーマップの書き換えも可能なので、気に入らない配置があれば自由に入れ替えることができる。


4.スペースが分割されていて親指の可能性が広がる

英語配列にも憧れがあるけど、クソでかいSpaceキーを両親指が担当するのは流石に親指を過小評価している。僕の親指はできる子なので、裁量の大きいお仕事を任せられるのは嬉しい! 2

親指が活躍する例として、

  • スペース以上の役割を持たせる(Del, Enter, IME ON/OFF など)
  • Fn + W,A,S,D や Fn + H,J,K,L で直観的に矢印キーを打つ

などがある。


ぼくがキーボードに求めていたもの

上のおすすめポイントにそのまま直結するので、この記事の前提として自分がキーボードに求めていたことを列挙しておく。

  • HHKBみたいなサイズで、場合によってはノートパソコンに乗せて使用したい
  • 静音性がほしい(ピンク軸など)
  • Cherry MXスイッチ互換である(キーキャップの付け替えを楽しみたい)
  • はんだづけが必要でもいいが、しなくていいならしたくない
  • 予算は3, 4万円

これに加えて、ここ2年以上オウルテックの日本語配列のフルサイズキーボードを愛用していたので、できるだけ使用感が似ているとなお良いと思っていた。(特にスペースが二つに分割されている点が気に入っていた)。

ここまで読むとわかると思うが、JP60SSはこれらの要求を満たした完璧に近い存在だった。


購入したものたちと総額

以下のものを購入した。

名前価格(税込み)リンク
JP60SS一式+スイッチ+ケース20300booth販売ページ
RK ROYAL KLUDGE キーキャップ2680Amazon
USB-Cマグネットケーブル1450Amazon

合計で 24430円 だった。


他に検討したキーボードたち

Majestouch MINILA-R Convertible

Good

  • Bluetoothにも対応しワンタッチでペアリングを切り替え可能
  • キーキャップがイケてる
  • CherryMXスイッチの静音赤軸もある

Bad

  • 十字キーをワンタッチにすると、/と?の入力にFnが必要になる
  • 右下のDELがしっくりこない
  • キーマップの変更はDIPの規定のものしかできない

実際に触ってみて良い製品だったので、最初はこれを買おうと思っていた。ただキー配置に関してやや不満があり、そこがネックだった。

Majestouch MINILA-R Convertibleのご紹介 | ダイヤテック株式会社


HHKB Professional HYBRID 日本語配列

詳細を書くまでもなく、とても良い製品みたいだ。キー配置もいいし、打鍵感も良いみたいだし、BluetoothとUSBの両方が使える。

ではなぜ JP60SS に決めたかと言うと次の二つが大きい。

  1. 見た目:JP60SSの3Dプリンタケースに惚れた
  2. スペースキー:分離しているロマンは最高

※上記以外にもRAZERのHuntsman mini、CORSAIRのK65 RGB MINI も60%サイズの日本語配列のようだ。


制作風景

以前4キーだけのmeishi2を制作したことがあるものの、通常のサイズのキーボードをつくるのは初めてだった。「うまく作れるだろうか」とビビりながらビルドガイドを眺めて作業していくと、意外にあっさり完成した。詳しい作り方はビルドガイドにお任せするとして、ここではざっくり制作風景をお届けする。

※基板とプレートだけの状態でスイッチをはめていくと非常に楽らしいです。次は気を付けます!

start

届いたときの写真。すでに小躍りしながら撮影している。

stabilizer

スタビライザーなるものを組み立てた。正解が分からなくて苦労したが、確かに言葉では説明がしにくい。針金部分を指で触ると十字部分が動くようになればOK。

place-switchs

キースイッチを装着していく。YouTubeで見るとカンタンそうにやっているのだが、実際は力加減が難しい。力をいれて押し込むと基盤がゆがむし、力が足りないときちんと嵌らない。コツがいる。

keycap

ここでAmazonで買ったイケてるキーキャップを装着していく。このキーキャップは印字が側面にあるので、上から見ると無刻印のようでかっこいい。キーキャップ装着も力加減が難しい。特にEnterとShiftはスタビライザーとスイッチにキャップをはめないといけないが、力を入れすぎるとスタビライザーが戻ってこなくなる。力こそパワーの考えは捨てよう。

done

完成!(再掲)。何度見ても最高の仕上がり。


おまけ:マグネット式のUSB type-C をつける

USB端子がモゲたら悲しいので、マグネット式のものを試してみた。

magnet-plug-off

なんとピッタリのサイズだった。天才!

magnet-plug-on

マグネット式にすると、持ち運びがスムーズになる。最高。


最後に

制作者の方が「信教上の都合により、この配列をJIS配列とは呼ばない」と書かれていたので表現に気を付けて記事を書きました。こういうこだわりが見られる製品は良いですね。

これからは、キーキャップの付け替えやキー配置の調整をして、さらに完成度を高めていきたいと思います!


参考

天高工房 - BOOTH

JP60SS | 天高工房


  1. 「ネジ穴の位置が合わせてあるので3Dプリントケース以外にも遊舎工房なんかで購入できる60%キーボードのケース(Tofuとか)が使えるよ(原文ママ)」だそうです!GH60やDZ60用の60%サイズの「トレイマウント」方式も調べるとたくさん出てきてワクワクしますね。 ↩︎

  2. 別売りプレートを購入すれば、普通の長いスペースキーも使えるようです。「スタビライザーは存在しないのサイズなのでワイヤーを手で曲げてます。テストのために1台ほど組んでみてはいるんですが、スペースキーが不便すぎて文鎮になってます。」(原文ママ)らしいです。 ↩︎

Share on

odanny
WRITTEN BY
odanny
レトロゲームが好きな大学院生